リミニストリート、攻めのDXをソフトウェアのトータルサポートで支援する新ソリューション「Rimini ONE™」の提供を開始

エンタープライズアプリケーションやデータベース、テクノロジーソフトウェアのためのエンドツーエンドアウトソーシングソリューションを提供へ

すでに世界で100社以上のお客様が、システム運用の改善と簡素化、総所有コストの削減、人員配置の課題解消のためにRimini ONETMを活用しています。また、Rimini ONETMを活用することで、ソフトウェアベンダーに求められるアップグレードなしに現行リリースの寿命を最大15年延長することが可能となり、お客様はより価値の高いプロジェクトにリソースを割り当てることができています。

(ラスベガス – 2023322) – エンタープライズソフトウェアのサポート、製品、サービスをエンドツーエンドで提供するグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守業界を牽引するサポートサービスプロバイダーで、SalesforceおよびAWSのパートナーであるRimini Street, Inc. (Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズアプリケーションやデータベース、テクノロジーソフトウェアの実行から管理、サポート、カスタマイズ、設定、接続、保護、モニタリング、最適化までを幅広く一手に担う統合的なサービス提供を目的に設計されたトータルアウトソースサービスプログラムRimini ONE™の正式な提供開始を発表しました。

リミニストリートの最高製品責任者兼グローバル・トランスフォーメーション担当EVPであるDave Roweは、「私たちは、エンタープライズソフトウェアの完全なアウトソーシング・ソリューションを求めるお客様の声に応え、実績に裏打ちされた業界トップレベルのサービス提供の保証、800人以上のエンジニアによるグローバルサポートという強み、そしてリミニストリートのみが提供できる包括的なサービスを備えたRimini ONETMを設計しました。当社独自のサポート、製品、サービスソリューションを、導入しやすい1つの包括的なプログラムに統合することで、お客様が業務に不可欠なエンタープライズソフトウェアの管理における複雑さを簡素化するとともに、その寿命と価値を向上し、お客様の競争優位性と成長を促進するような新しいイノベーションの実現を加速できるように支援します。」と述べました。

信頼できるパートナーが提供するエンドツーエンドのアウトソーシング・ソリューション

Rimini ONETMにより、お客様はエンタープライズソフトウェアスタック全体のサポートと管理をリミニストリートに完全にアウトソースすることができます。Rimini ONETMを活用し、エンタープライズソフトウェアの運用、サポート、セキュリティ、統合に関する全ての責任をリミニストリートに移すことで、お客様は新しいイノベーションを実現し、事業的価値を高めるために必要なプロジェクトにより多くの予算とリソースを集中できるようになります。

Rimini ONETMは、SAP、Oracle E-Business Suite、PeopleSoft、Siebel、JD Edwardsなどのエンタープライズアプリケーションや独自のオープンソースデータベース、またミドルウェア、インテグレーション、セキュリティ、データウェアハウス/レイク、AI、レポート、分析といったテクノロジーソフトウェアに対する、リミニストリートの拡大した充実のサポート、製品、サービスを全て一つに統合しています。

Rimini ONETMのエンドツーエンド統合型ソリューションには現時点で以下のサービスが含まれます。

  • Rimini Support™: 数々の賞を受賞している、Oracle、SAP、及びその他のプロプライエタリデータベース、オープンソースデータベースやテクノロジーソフトウェアの業務に不可欠なサポート。24時間365日、重要なケースに対して10分の応答時間保証SLAで提供します。
  • Rimini Manage™: 高度なスキルを持つエンジニアが提供するアプリケーションおよびデータベースソフトウェアのマネージドサービス。サービスチケットのリクエストは無制限で、業界最高水準のSLAにより、ITスタッフとスキルの不足を解消し、予測可能かつ最適化されたな固定費でよりスムーズなシステム運用を提供します。
  • Rimini Protect™: アプリケーションやデータベース、技術インフラのための革新的なマネージド・セキュリティ・ソリューション。未知の脅威からプロアクティブに防御するとともに、新たに特定された脅威に対して他社のセキュリティソリューションよりも速く、通常数分以内に保護するよう設計されており、保護対象のソフトウェアに必要なコードの変更は一切ありません。
  • Rimini Connect™: ブラウザ、オペレーティングシステム、電子メールシステムのための相互運用性マネージド・ソリューション。高価なシステムおよびソフトウェアのアップグレードやマイグレーションを必要とせず、既存のソフトウェアやインフラを継続的に利用し、またこれらに統合することができます。
  • Rimini Watch™:システムのダウンタイムとその影響を回避するために設計された監視およびシステムヘルスチェックソリューションを含むオブザーバビリティソリューション。24時間365日、何千ものプロセスの実行とパフォーマンスを監視し、潜在的な問題を事前に特定します。
  • Rimini Consult™: エンタープライズソフトウェアのカスタマイズ、設定、実装、統合、相互運用性、マイグレーション、スタッフの増強、その他のプロジェクトニーズに対応するプロフェッショナルサービス。

システム運用の改善と簡素化

IT部門の責任者は、ローカルやクラウドに配置されたアプリケーション、データベース、テクノロジーなどの複数のレイヤーで構成され、管理にコストと時間がかかる複雑なエンタープライズソフトウェアスタックの運用において膨大な課題に直面しています。また、複数のサービスベンダーの管理にかかる労力は、非効率的でコストがかかり、またサービス間の摩擦や成果の低下を招きます。

そのような課題に直面する一方で、熟練した人材の不足、既存ソフトウェアリリースのソフトウェアベンダーによるフルサポート利用可否の不透明性、ROIが低い、もしくは全くないソフトウェアベンダーによる強制的なアップグレードやマイグレーション、常に進化するセキュリティ上の脅威、ソフトウェアスタックの構成要素間の互換性の変化など、エンタープライズソフトウェア環境における重大なリスクにも対応しなければなりません。これらのリスクを軽減しようとすると、コストがかかり、人員が費やす時間数も膨らむため、組織が事業的価値をもたらすより価値の高いプロジェクトに資金を供給し、これらを実現する能力を制限してしまいます。

コンステレーションリサーチ社のバイスプレジデント兼主席アナリストであるDion Hinchcliffe氏は、「今日のIT環境は従来に比べて遥かに複雑になっており、管理とサポートにかかるコストとリソースがこれまで以上に増大している」と述べています。「組織は、生き残り、進化し、繁栄するために素早く動くことが求められますが、そのためには、より統合された包括的なエンタープライズITサービスを、より速く、より容易に利用できる環境を必要としています。」

リミニストリートは、これらの課題を解決するために、お客様の信頼できるパートナーとして、導入しやすい包括的なプログラム、Rimini ONETMを競争力のある価格で提供します。Rimini ONETMの導入によりお客様にもたらされるメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • シンプルな運用: 複雑なシステム運用やサポート業務の責務全般を、お客様からリミニストリートにまとめて移行することにより、ITサービスプロバイダーの数を減らし、信頼できるパートナーを1社に絞ることができ、かつ、容易に導入できるプログラムです。
  • 安心の保証: エンタープライズ・ソフトウェア・サポートの業界リーダーによる安心の「ターンキー」ソリューション。契約時から最大15年間のサービス保証、さらに数百人の専門エンジニアが現地の言語とタイムゾーンで、より迅速なセキュリティ修復、相互運用性、将来性、最新化のためのソリューションを提供します。
  • 戦略的な成長支援: ITの予算とリソースを大幅に削減し、ロードマップ、戦略、プロフェッショナルサービスを含むITイノベーションと事業的価値を加速させ、競争優位性を高め、成長を可能にするカスタムRimini Smart Path™を提供します。

Rimini ONETMは、今日のCXOの課題に対応し、その戦略的イニシアティブをサポートします。

リミニストリートが主催した千人以上のCIOおよびCTOを対象とした最新の調査では、回答者の62%が2023年においてはデジタルトランスフォーメーションの優先度が高いと述べ、IT課題のトップ3としてIT支出、テクノロジー投資の成功の実現性、人材の雇用と維持を挙げました。

Rimini ONETMは、このようなCXOの課題を解決します 。

  • 総所有コストの削減: Rimini ONETMは、多様なサービスを単一のエンドツーエンドプロバイダーに集約することで実現するプロセスと管理の効率化、年間サポート料の節約、フルサポートを維持するだけのための不必要なアップグレードやマイグレーションのコスト回避など、複数の側面から大幅なコスト削減を実現します。
  • 人材確保における課題の解消: Rimini ONETMは、これまで以上に確保が難しくコストのかかるエンタープライズソフトウェアの運用及びサポート人員の採用、指導及び雇用維持における困難と課題を解決します。Rimini ONETMでは、合意された範囲のサポート、製品、サービスに関するすべての人員配置をリミニストリートが担当します。 さらに、Rimini ONETMは、お客様のITスタッフが新しいイノベーションの実現に集中できる機会を提供することで、新しい課題や好機に取り組むことを可能にし、離職率を下げます。
  • ソフトウェアベンダーのアップグレードなしに、現行製品の寿命を延長可能: Rimini ONETMは、ソフトウェアベンダーが要求するアップグレードやマイグレーションを行うことなく、現行の安定したソフトウェアリリースの寿命と価値をお客様の特定のニーズに合わせて、最大でさらに5年、10年、15年、またはそれ以上、保証します。既存の堅牢なソフトウェア投資によるROIを完全に実現し、将来にわたってコアビジネス運営のための確固たる基礎として機能し続けられるようにします。
  • クラウドマイグレーションとマネジメント: Rimini ONETMは、データセンターに設置しているハードウェアやデータセンター運用のためのスタッフを無くすことにより、総運用コストをさらに削減するようなクラウド移行計画やプロジェクトマネジメントを提供します。また、リミニストリートは、お客様が選択したクラウドプロバイダーにおいて、優れたシステム性能と信頼性を提供しながら、最大限のコスト削減を実現するためのクラウドマネジメントサービスを提供します。
  • より価値の高いプロジェクトへのリソース再配分: Rimini ONETMにより削減されたコストと解放されたリソースを再分配することで、お客様は、ITスタッフを追加雇用することなく、競争優位と成長をもたらすより価値の高いイノベーションプロジェクトに投資することができます。

Rimini ONETMクライアントの実績

Rimini ONETMはサービス提供を開始しており、すでに100以上のリミニストリートのお客様に利用されています。エンドツーエンドのビジネス、財務、会計ソリューション業界をリードするビジネスプラットフォーム、MYOBもその一社です。

MYOBエンジニアリングマネージャーのStefan Vargheese氏は、「Rimini ONETMのおかげで、複数のベンダーとやり取りしたり、多数のチケットを発行したりすることなく、重要なプラットフォーム全体をシームレスに管理することができるようになりました。これにより、私たちの開発チームは、オーストラリアとニュージーランドのローカルビジネス向けのビジネス管理プラットフォームの進化を続けながら、同時に、MYOBにおいて、より戦略的な成果を生み出す業務に集中することができます。またRimini ONETMへの切り替えは、私たちの組織により多くチャンスをもたらし、チームはより効率的かつ柔軟に仕事をすることができるようになりましたし、同時にコストの削減も実現しました。Rimini ONETMは、現代の組織にとって必要不可欠な、まさに唯一無二のソリューションを提供しています。」と述べています。

Rimini ONETMの包括的で信頼と実績のある統合ソリューションファミリーをご覧ください。エンタープライズソフトウェアと組織を最適化、進化、変革させ、競争優位、収益性と成長をサポートします。Rimini ONETM正式発表のビデオはこちらでご覧ください。

株式会社リミニストリートについて

ラッセル 2000® カンパニーである株式会社リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンドツーエンドのエンタープライズソフトウェアサポート、製品、サービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPソフトウェアに対する第三者保守サービスの業界リーダー、そして、SalesforceおよびAWSのパートナーでもあります。エンタープライズアプリケーション、データベース、テクノロジーソフトウェアの実行、管理、サポート、カスタマイズ、設定、接続、保護、監視、最適化を行う包括的な統合ソリューションファミリーを世界各地で提供しています。お客様がより良いビジネス成果を達成し、コストを大幅に削減することによりイノベーションのためにリソースを再配分できるよう支援します。 現在までに、Fortune 500、Fortune Global 100、中堅企業、公共機関など、幅広い業種の5,000以上の組織が、リミニストリートを信頼できるエンタープライズソフトウェアソリューションプロバイダーとして採用しています。 詳細は、http://www.riministreet.com、をご覧ください。またTwitterFacebookLinkedIn.でのフォローもお待ちしております。 (IR-RMNI)

将来予測に関する記述

本書に含まれる一部の記述は、歴史的事実ではなく、1995年私募証券訴訟改革法のセーフハーバー規定における将来予想に関する記述に該当します。将来予想に関する記述は一般に、「かもしれない」、「はずである」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予測する」、「信じる」、「推定する」、「~する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「続ける」、「将来」、「予定する」、「期待する」、「見通し」などの単語やフレーズまたは表現が使用されています。これらの将来予想に関する記述は、将来の出来事、将来の機会、世界的な拡大およびその他の成長構想に関する取り組み、ならびにかかる構想に対する当社の投資に関する当社の期待に関する記述を含みますが、これらに限定されるものではありません。これらの記述は、様々な仮定および経営陣の現在の予想に基づくものであり、実際の業績を予測するものではなく、また、歴史的事実を記述するものでもありません。これらの記述は、リミニストリートの事業に関する多くのリスクおよび不確実性の影響を受け、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性には、次のものが含まれますが、これらに限定されません:エンタープライズソフトウェア管理及びサポートを取り巻く環境の進化並びに新顧客を惹きつけて既存顧客を維持し顧客層を更に広げる当社の能力。ソフトウェアサポートサービス市場における競争の激化。当社の拡大された製品及びサービスのポートフォリオ並びに今後提供する可能性のある製品及びサービスの顧客による採用。当社が獲得可能な最大市場規模の予測、当社サービスの採用により他社サービス利用時と比して顧客に見込まれるコスト削減効果の予測。当社におけるセールスサイクルの変動。定着率に関連するリスク。並びに、2023年3月1日付で米国証券取引委員会に提出されたリミニストリートForm 10-K年次報告書に「リスク要因」の見出しのもとで記載され、今後提出されるForm 10-K年次報告書、Form 10-Q四半期報告書、Form 8-K臨時報告書、及びリミニストリートが米国証券取引委員会へ提出するその他の提出物によって随時更新される記述に含まれる事項を含むその他のリスク。また、将来予想に関する記述は、本書の日付時点における将来の事象および見解に関するリミニストリートの期待、計画または予測を提供するものです。リミニストリートは、その後の事象および展開により、リミニストリートの評価が変化することを予想しています。しかしながら、リミニストリートは、将来のある時点で、これらの将来予想に関する記述を更新する可能性がありますが、リミニストリートは、法令により要求される場合を除き、そのような義務を負うことを特に否認します。これらの将来予想に関する記述は、本書の日付以降のいかなる日付においても、リミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

# # #

©2023 Rimini Street, Inc. 無断転載を禁じます。 “Rimini Street” は、米国及びその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標であり、Rimini Street、Rimini Streetロゴ、及びそれらの組み合わせ、並びにTMで示されるその他のマークは、Rimini Street, Inc.の商標です。 その他のすべての商標は、それぞれの権利者に帰属し、別段の表示がない限り、リミニストリートは、かかる商標の権利者又は本書に記載されているその他の企業と提携若しくは関連し、又はこれらを推奨することを示すものではありません。

投資家関係のお問い合わせ先:

Dean Pohl

Rimini Street, Inc.

+1 925 523-7636 dpohl@riministreet.com
メディア関係のお問い合わせ先:

Vector, Inc