Search Icon
オンラインセミナー

Oracleライセンスの最適化とOracle ロードマップの展望

「Oracle Databaseの運用保守コストを削減したい」「保守料金が毎年上乗せされていくため、コスト面でも不満を抱えている」「でも、他に検討できる選択肢がないし、現状を受け入れざるを得ない」等々、リミニストリートはこれまで多くのお客様からご相談をいただいてきました。

そこで、Oracle ロードマップを踏まえながら、どのようにOracleライセンスの最適化を行うべきなのか、Oracle EBSとOracle Databaseサポートに関する調査結果を踏まえながら、アップグレードプランとその価値やCloud移行への対応などを解説するオンラインセミナーを開催いたします。

ぜひご参加いただき、削減したコストをデジタルトランスフォーメーション(DX)促進など様々な課題にお役立てください

日程:2022年2月9日(水)

時間:14:30から15:00

講演者 :

日本リミニストリート株式会社
サービスソリューションアーキテクト
野嵜 功

対象:

Oracle EBSやOracle Databaseをお使いのユーザー企業様で、以下に該当する方

  1. 導入企業の管理、運用責任者、担当者
  2. IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者
  3. 経営企画/事業企画部門責任者、担当者
  4. 導入企業の購買部門責任者、担当者

※弊社と競合する企業の方のお申込みはお断りしております。

※フリーメールアドレスでは、ご登録いただけません。あらかじめご了承ください。

ライブウェビナーのご登録はこちらから
*印はすべて必須項目です。

講演者

野嵜 功 (Isao Nozaki)
野嵜 功 (Isao Nozaki)
日本リミニストリート株式会社
サービスソリューションアーキテクト

IT業界で39年の経験をもち、大手IT企業から行政機関まで、CRM/Oracle DB製品関連で10年以上のプリセールス、デリバリー、コンサルティングなど数多くのプロジェクトを担当。

IBM – ソフトウェアエンジニア。オフィス製品開発、Siebel/Oracleを含むCRMソリューションのデリバリー/プリセールスを担当

Salesforce – ITコンサルタント。生保・建設業担当

オリックス生命 – アーキテクト。CRMコンセプト策定、AI導入プロジェクト・リード

日本GE – アーキテクト。リース事業ITロードマップ策定

特許庁 – メインフレームエンジニア。リレーショナルデータベースADABASのDBAを担当

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード