Search Icon
メディア&エンターテイメント業

メディア&エンターテイメント業

独立系第三者ソフトウェアサポートで高い評価を獲得

イノベーションの促進とコスト削減

メディア&エンターテイメント業界は、今注目されているコンテンツストリーミング、今後のサウンドステージ、未来の見えないスタジオ内制作など、さまざまな混乱の中にあります。 しかし、立ち止まることはできません。 リミニストリートの独立系第三者保守は、メディア&エンターテイメント業界のお客様がITソフトウェアサポートの予算を大幅に節約し、新しいコンテンツ配信システムやリモート制作機能など、戦略的取り組みに投資できるよう支援します。

メディア&エンターテイメント業界のお客様が、大幅なコスト削減により成長に投資

グローバリゼーションや最高のコンテンツを目指す熾烈な戦いにより、今行っている取り組みを再考し、変化をもたらすメディア&エンターテイメント技術に投資するというプレッシャーが高まっています。 ただし、ソフトウェアベンダーのポリシー、ベンダー主導型ロードマップ、応答性の低いサポートモデルなどが負担になり、予算が厳しく制限されます。 リミニストリートのサポートサービスは、メディア&エンターテイメント業界のお客様が、時間、コスト、リソースを大幅に節約し、重要なデジタルイノベーションの優先事項に振り向けることで、他社との差別化と自社の成長を促進できるよう支援します。

重要なITシステムの
長期にわたる安定稼働を支援

ソフトウェアベンダーがサポートサービスの展開を主導する場合、コンテンツ制作と配信は困難になります。 リミニストリートのアプリケーションサポートとエンタープライズソフトウェアソリューションによって、現在のERPリリースを最長15年間維持し、ROIを最大化し、ビジネスの中断を伴う不要なアップグレードを回避できます。 さらに、ビジネス主導型のITロードマップを作成する時間と柔軟性が得られ、ロイヤルティの高いオーディエンスの定着や新しいオーディエンスの獲得など、ビジネス目標に合わせてIT資金を活用できます。

アプリケーションサポート費用の削減と
テクノロジー予算の確保

多くのエンターテイメント企業では事業の利益率が低く、ITチームは日々コストと戦っています。 トランザクション単位、プロセス単位、1分単位でわずかでも節約できれば、数百万ドルもの最終利益を生み出せる可能性があります。 リミニストリートのお客様は、年間保守費用を50%、総保守費用を最大90%節約することで、革新的なビジネスの追求、新たなサブスクライバーの獲得、新しいエンターテイメント体験の提供などに資金とITスタッフを振り向けることができます。

リミニストリートを選ぶ理由

リミニストリートは、メディア&エンターテイメント業界に信頼されるパートナーとして、固有のニーズを満たすための深い知識を提供しています。 単一プロバイダーモデルによって提供されるエンジニア主導の統合型ソフトウェアサポートサービスを利用するお客様は、サポートに費やしていた数百万ドルもの費用を、コンテンツ開発や配信のために活用できるようになっています。

より良いモデル

リミニストリートのサポートサービスは統合型で、ソフトウェアベンダーのサポートにありがちなエスカレーションや遅延はありません。 アドバイザリーサービス、カスタマイズされたコードのサポート、迅速なLegislature-to-Live™による世界各国の税・法規制に対応した更新など、付加価値の高いソリューションを追加コストなしで提供しています。

より良い人材

リミニストリートの包括的なサービスの特徴として、複数レベルのサポートを単一のリソースの責任のもとで提供しています。 プライマリーサポートエンジニア(PSE)を筆頭に、根本原因分析など極めて複雑なソフトウェアの問題解決に必要なスキルを備えた、専門家の幅広いグローバルネットワークが支援します。

より良い結果

リミニストリートのお客様は、高額なソフトウェアベンダーサポート費用を支払ったり、不要なアップデートやアップグレードに貴重なITチームの時間を浪費したりする必要がなくなります。 代わりに、市場のニーズに応えるために資金を投資し、ITチームは、収益に直接的に効果があるビジネス主導型ロードマップに沿ったプロジェクトに取り組むことができます。

GREE

「ホスピタリティに溢れたリミニストリートのエンジニアは、 ソリューション検討の知恵袋のようです 」

福田篤史 氏 開発本部 情報システム部
FANCL

「自社がいま置かれた状況を分析し、潜んでいる課題にしっかり目を向けることが重要だと思います。すぐに動くことを躊躇すれば、それは必ず大きなリスクとなって将来にのしかかってきます。」

植松 宣行氏 執行役員 グループITセンター長
Ushio

「攻めのIT実現に向け 守りのIT も強化しています。その成果としてERPの移行を自社の判断とタイミングで 行えるようになり、ROIの最大化が可能になりました。 」

須山正隆 氏 経営統括本部 IT戦略部門 部門長

すぐに始めましょう

詳しくは、弊社までお問い合わせください。

*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード