検索条件に合う資料が見つかりませんでした。 検索条件をリセット
調査結果はイノベーションと IT オー バーヘッドの矛盾を示しています
インフォグラフィック
調査結果はイノベーションと IT オー バーヘッドの矛盾を示しています

企業はデジタルイノベーションの重要性を認識してい ますが、最近の調査によると、 IT と財務部門のリーダー たちは、 IT予算の重点をシステム保守からイノベーショ ンに転換することに苦労していることがわかりました。

SAP S/4HANA の 赤信号で立ち往生?
Eブック
SAP S/4HANA の 赤信号で立ち往生?

皆さんはこれまで社内の SAP Business Suite の実装、カスタマイズ、調整を行うために莫大な資金と時間を費やしてきました。SAP Business Suiteは十分な機能を備え、堅牢で、事業にとって戦略的に必要なものです。 S/4HANA への移行が本当に必要なのでしょうか?それとも、確たる価値を見込めないまま、余計なコストやリスクや混乱だけを招くものになりますか? このEブックでは、今の御社のビジネスに有益なIT優先事項に投資するために、今後どのような選択肢があるかをご紹介しています。

ビジネス成長を促進させる10のERP戦略
Eブック
ビジネス成長を促進させる10のERP戦略

今はビジネス変革の時代です。 IT部門は、業界の現状を打破するイノベーションを実現し、競争における優位性をもたらすことを期待されています。 しかし、ERPベンダーはかつてのような価値を提供していません。 より良い方法があります。 イノベーションにおける俊敏性を実現する戦略を採用して、今すぐ自社にチャンスをもたらしましょう。

エンタープライズソフトウェアのサポートサービスに関する9つの錯覚
Eブック
エンタープライズソフトウェアのサポートサービスに関する9つの錯覚

エンタープライズソフトウェアは複雑であり、またミッションクリティカルでもあります。企業は、財務、販売、生 産、人事など多くの業務をエンタープライズソフトウェア上で実行しています。一部のケースでは、システムがダウ ンすると、業務がまったく行えなくなり、時間当たり数億円もの損失が発生することもあります。このため、エン タープライズソフトウェアを正常に運用し続けるためには、高品質なプ

優先事項と課題
Eブック
優先事項と課題

イノベーションに強い企業は最も成功する傾向があることがわかっているため、多くの企業はより 迅速にイノベーションを起こしたいと考えています。しかし当社とテクノロジー市場調査会社である Vanson Bourneが共同で実施した調査のように、 IT部門と財務部門のリーダーを対象とした調査を 行うと、多くの回答者が自社のイノベーションのスピードに満足していないことがわかります。デジ タルビジネスの大きな可能性を感じながらも、実際のIT支出において、基本的なシステムやインフラ の保守など、いわゆる「現状維持」のための出費が多すぎると感じています。

リミニストリートで SAPアーキテクチャを進化させる
Eブック
リミニストリートで SAPアーキテクチャを進化させる

SAPを使用しているお客様は、SAPアプリケーション戦略に関して難しい決断を迫られています。コストのかかる「完全な置き換え」型のS/4HANA実装開始の圧力が高まっています。 SAP顧客の大半はコストの高さ、成熟度の低さ、ROI確保の難しさといった観点の評価が完了するまで、S/4HANAに関する決定を先送りしたいと考えています。または、中規模企業やSAPを新規導入する企業等の中には、現在S/4HANAの早期実装に価値を見いだすSAP顧客もいるかもしれません。そして、S/4HANAを選択肢から外し、別のソフトウェアプロバイダー製の近代的なクラウドアプリケーションへの移行の方が価値が高いと考える顧客もいるでしょう。 お客様にとってどのシナリオが最適かにかかわらず、リミニストリートは、検討されているS/4HANAの実装前、実装中そして実装後も、お客様のSAP戦略の最適化をサポートします。 このEブックでは、いくつかのお客様事例をもとに、御社の現在そして将来のERPロードマップの最適化をリミニストリートがどのようにサポートできるかご紹介しています。

エンタープライズソフトウェアサポート 購入ガイド
Eブック
エンタープライズソフトウェアサポート 購入ガイド

今後数年間は現在のERPソフトウェアを運用することを考えているとしても、クラウドオプションを検討し始めているとしても、戦略的なITの取り組みを実行するのに必要なキャパシティと柔軟性を提供できるサポートプロバイダーと提携することは重要です。 このエンタープライズソフトウェアサポート購入ガイドは、現在お客様がどのベンダーと提携しているとしても、次のようなポイントについて評価するのに役立ちます。 サポートデリバリーモデル サポートプログラムの特長 コストモデルおよびキャパシティに関するその他の考慮事項 パートナーシップの総合的な価値

12 のストーリー:ビジネス主導型IT ロードマップを選択し多くのイノベーションを推進するリミニストリートのお客様
Eブック
12 のストーリー:ビジネス主導型IT ロードマップを選択し多くのイノベーションを推進するリミニストリートのお客様

イノベーション、競争、成長のために、組織は、進化する市場とお客様のデジタルへの期待に基づいて、プロセス、製品やサービスのあらゆる面を再構築しています。 ほとんどのCEO は、今日の最優先事項は成長だと言っています。コスト効率は依然として重要ですが、CEO や取締役会レベルでのビジネス上の優先順位は、一般的に純粋なコスト削減から、機会を最大化し、競争相手のビジネスの先を行くことに代わってきています。優先順位の変更により、IT 部門とCIO の役割も変化しています。典型的なCIO の新しい使命は、競争力を生み出すことです。 問題は、今日のほとんどのIT 組織が、予算の大部分を「仕事を続ける」支出に当てていることです。事業変革の取り組みに向けられているのはわずか10% です。これは、多くの場合、企業がソフトウェアベンダーの決定したIT ロードマップにあまりにも多くの権限を委譲しているためです。 第三者保守プロバイダーのリミニストリートは、スタッフと予算を最適な場所に集中させるためのキャパシティを確保し、拘束されないロードマップを柔軟に設計し、俊敏性を提供することで急速なイノベーションをスピーディに行うことを可能にします。 このEブックのお客様の事例では、お客様がビジネス主導型の戦略を促進する方法をご紹介します。

SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント
Eブック
SAP S/4HANAに対する意思決定をする際に自社のビジネスのために考慮すべき4つの重要なポイント

SAPのお客様は、SAPアプリケーションの戦略に関して難しい決定を迫られています。 SAPのお客様は、ECC 6のサポート終了日*が近づいており、ライセンス監査が実施される可能性があるため、S/4HANAを採用するか、少なくともそのライセンスを取得するよう迫られています。 しかし、多くのSAPのお客様は、S/4HANAが成熟してROIが明らかになるまでは、安定した実績のあるSAP ERPリリースを運用するつもりでいます。 お客様はロードマップに基づいて、SAP ECCの現在のリリースを最低15年以上運用することができます。同時に、将来的にS/4HANAに実装し直すことも含め、他の戦略的な取り組みに資金を振り向けることができます。 代替のSaaSソリューションに移行することもできます。 このEブックでは、企業にとっての最良の選択が何であるかを知るのに役立つ4つの重要なポイントを取り上げます。 *2020年2月4日、SAPは2027年までのSAP Business Suite 7のメインストリームサポートを発表しました。