Search Icon

Rimini Street Expands Investment and Operations in Asia-Pacific

Company launches subsidiary in New Zealand, hires staff and opens new office in Auckland

LAS VEGAS, November 15, 2018 Rimini Street, Inc. (Nasdaq: RMNI), a global provider of enterprise software products and services, and the leading third-party support provider for Oracle and SAP software products, today announced that it has expanded its operations in the Asia-Pacific region with the launch of its new subsidiary, Rimini Street New Zealand Limited, and the opening of its new office in Auckland to address the growing demand for Rimini Street’s premium, ultra-responsive support services in New Zealand. Rimini Street’s expansion was announced at a gala event held at The Northern Club in Auckland, where clients, local IT leaders and the special guest of honor, Ambassador Scott P. Brown, the U.S. Ambassador to New Zealand, were hosted by Rimini Street’s general manager for Asia-Pacific, Andrew Powell, and Rimini Street corporate senior executives.

Growing demand for IT optimization and a business-driven IT roadmap

Rimini Street launched its new subsidiary in response to the region’s increasing desire for software support solutions that can help optimize their IT spend and enable them to liberate significant funding for their business transformation initiatives. Rimini Street already supports nearly 50 clients with operations in New Zealand, including local brands James Pascoe, Spark, 2Degrees Mobile, Refining New Zealand and The University of Auckland.

By switching to Rimini Street support from the vendor’s support, these organizations have saved up to 90 percent of the total cost of maintenance of their SAP and Oracle software assets, and are able to run their current ERP releases with no forced upgrades for a minimum of 15 years from the date they switched support. Rimini Street clients also benefit from the Company’s flexible, premium-level enterprise software support model, including its industry-leading Service Level Agreement (SLA) of 15-minute response times for critical Priority 1 cases. In addition, each client is assigned a Primary Support Engineer (PSE) with an average of 15 years’ experience in their particular enterprise software system, backed by a broader team of technical experts. By switching their support to Rimini Street, organizations are able to take back control of their IT roadmaps with a “business-driven roadmap” strategy that provides much more flexibility and value compared to the vendor roadmap, allowing CIOs to focus on creating value and providing competitive advantage for growth.

“Organizations in New Zealand, both public and private, spend hundreds of millions of dollars every year on their annual enterprise software support and maintenance, yet see little return from this significant spend,” said Andrew Powell, general manager, Asia-Pacific, Rimini Street. “Our conversations with CIOs are squarely focused on how we can help them dramatically lower the total cost of ownership of their stable, mature enterprise systems as part of a hybrid computing model and business-driven roadmap, and as a result, we are experiencing increased demand in the region. With Rimini Street, organizations have the option to break free from the seemingly never-ending upgrade cycle dictated by the vendor’s roadmap – an expensive and disruptive path for companies to undertake just to stay fully supported. With our new operation in Auckland, we are better able to engage with and support organizations in New Zealand who want to significantly cut their software support spend and take back control of their IT roadmaps.”

Region at risk of “falling behind” on innovation

Recent research from Vanson Bourne, commissioned by Rimini Street, found that enterprises in the ANZ region plan to spend the second-least amount on IT innovation in the world in the next 12 months, and they plan to increase their IT innovation spend by just 6.31% in the 12 months following the survey, well below the global average of 10.94%.

“New Zealand is famous for innovation, but it is at risk of falling behind the rest of the world,” continued Powell. “New Zealand CIOs know that it’s important to spend their IT budgets on more than daily operations.  With budget pressures between operating costs and the need to invest in innovation, CIOs need to reassess the value of existing support arrangements and explore better software support options designed to provide a greater ROI. Rimini Street enables CIOs in New Zealand to unlock significant savings and redirect that funding into critical innovation initiatives.”

To download an eBook summary of the survey, “The State of Innovation: Priorities and Challenges,” click here.

リミニストリートについて

リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのためにリソースを解放し、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。今日までに業界を問わず、フォーチュン500およびフォーチュングローバル100企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む3,500社以上の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、 https://www.riministreet.com/jp/ をご覧ください。またTwitter(@riministreet)、FacebookLinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。本プレスリリースで後述する株式の公募引受により調達した資金の使途予定についてのリミニストリートの予想に関する記述は、全て将来見通しに関する記述です。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックの期間と当社の事業に与える経済的、業務的、財務的影響およびCOVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA優先株(13.00%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Service(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2020年8月5日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」および2020年8月18日に終了したリミニストリートの普通株式の公募引受に関する2020年8月14日付の目論見書補完書類に記載している事項、および適宜それら事項についてリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

© 2020 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリート・インクの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。

投資家関係のお問い合わせ先:

Dean Pohl

Rimini Street, Inc.

+1 925 523-7636 dpohl@riministreet.com

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード