Search Icon
オンラインセミナー

2022年は決断の年 SAP そのECCのアップグレード、御社のイノベーションに貢献しますか?

不要なアップグレードを回避! 御社に最適なオプションを立案・選択し、DXやイノベーションに活用できる人・金・時間を生み出す方法をお話しします

2022年を迎え、2025年まで3年となりました。未だ、2025年のSAP保守切れ問題に頭を悩ませている企業が多いのが実情です。

S4/HANAへのアップグレードは、人・金・時間の面で莫大な投資が必要です。そのため、最終的な意思決定をするには、もう少し時間が必要なのかもしれません。

しかし、様々な要素を考慮すると2025年まで、まだ3年あるのではなく、もう3年しかないと考えるべきです。S4/HANAへのアップグレードするかどうか2022年はSAPユーザにとって決断の年なのです。

日本リミニストリートが提供する第三者保守では、次の15年間現行ECCのサポートが受けることができ、その間に御社に最適なオプションを立案・選択することができます。

不要なアップグレードを回避することによってDXやイノベーションに活用できる人・金・時間を生み出しませんか?

なぜ2022年が決断の年なのか、S4/HANAへのアップグレード、そして第三者保守の詳細について、是非オンラインセミナー(オンデマンド)でご確認ください。

講演者:
日本リミニストリート株式会社 代表取締役社長 脇阪 順雄

オンラインセミナーをオンデマンドで視聴できます
*印はすべて必須項目です。

このウェブサイトは、お使いのブラウザでは完全にサポートされていない最新のウェブ標準を使用して構築されています。 ブラウザのアップデートをご検討ください。

今すぐアップグレード